【専門家監修】「外国人エンジニア採用」まるわかり情報局 » 探りたいスキルで探す!ITエンジニアの種類と採用方法辞典

採りたいスキルで探す! ITエンジニアの種類と採用方法辞典

ITエンジニアを採用する際に役立つ情報を徹底リサーチしました。ITエンジニアの種類と採用方法辞典として、分かりやすくまとめてあります。企業が求めているスキルを備えた、優秀なエンジニアに出会えることでしょう。

開発系エンジニアの種類

開発系エンジニアとは、システムまたはアプリケーションを開発するエンジニアの総称です。実際はさらに細分化した職種に分かれているので、採用を行う前にそれぞれの違いを把握することが大切でしょう。 開発系エンジニアの採用を行うポイントとして、求人ポジションの具体的な業務内容や求めているスキルを明確にすることが大切です。このページでは、開発系エンジニアの7職種をリサーチしました。 職種の特徴や仕事内容をしっかり確認しましょう。

開発系エンジニアの採用方法を詳しく見る

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアとはクライアントの要望を理解し、適切なシステム開発の仕様や設計書を作成します。システム概要を伝えるために営業と客先に出向く機会も多く、幅広い専門性とコミュニケーション力が必要でしょう。

プログラマー(PG)

プログラマーとはシステムエンジニアが作成した設計書を基に、実装(コーディング)を行います。システムを実際に組み込むため、高度な専門性が必要でしょう。常に最新のプログラミング言語を学び続ける努力が必要です。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアとは、業務系システム、Webアプリケーション、スマホアプリなどの開発をシステム設計からプログラム、そして実働後の保守や運用をも担当することがあります。顧客の専門性を理解した高度なシステム提案力が必要でしょう。

組み込みエンジニア

組み込みエンジニアとは、家電製品や通信機器、産業プラントの電子制御機器などのコントロールに必要なソフトウェアの開発業務を担当します。最近ではIoT普及による自動運転システムやAIロボットの分野でもニーズが多い職種といえるでしょう。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトでネットユーザー側から見える部分についての開発を担当します。JavaScript、HTML/CSS、PHPなどコーディングスキルが求められます。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアは、ユーザー側から見えないシステムの“裏側”を開発する職種。「バックエンドエンジニア」と呼ばれることもあります。サーバーやデータベースについての知識だけではなく、進化するセキュリティ対策についての技術力も必要とされます。

AIエンジニア

AIエンジニアとは、AI(人工知能)の開発やビックデータ解析を行います。クライアントの課題を的確に理解したうえで、その課題をAIで解決し、実際のビジネスに活用できるような発想力と実現力が必要です。日進月歩で進化するAI技術を学び、経験を積むことが大切でしょう。

インフラ系エンジニアの種類

インフラ系エンジニアとは、ITインフラの設計構築または運用保守を担当します。設計、構築、運用、保守、監視と業務範囲が広く、仕事内容によって必要なスキルや経験が異なるでしょう。 インフラ系エンジニアの採用を行うポイントとして、求人ポジションの具体的な業務内容や求めているスキルを明確にすることが重要です。このページでは、インフラ系エンジニアの5職種をリサーチしました。 職種の特徴や仕事内容をしっかり確認しましょう。

インフラ系エンジニアの採用方法を詳しく見る

SRE(Site Reliability Engineer)

SRE(Site Reliability Engineer)とは、Google社が提唱し実践している「Webサイトのシステム管理の効率化や信頼性を高めていくため」のサービス運用を担うエンジニアのこと。物理サーバーやクラウドについてのスキルが求められます。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、ITシステムにおける情報セキュリティを保つための設計や運用を行います。システム開発やインフラ構築時にセキュリティ要件を検討し、開発、実装、テストを実施。法律や関連制度の知識も必要となります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ネットワークの設計、構築、監視運用を担当します。通信プロトコルや回線経路制御についての知識や、ルータ、スイッチ、ファイアーウォールといったデバイスにも精通していることが必須条件となります。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの開発や運用を担当します。ビッグデータの解析が脚光を浴びてニーズが高まっている職種でもあります。技術的スキルだけではなく、データがいかに企業戦略に生かせるかといったビジネス的視点を持つ人材が求められています。

カスタマーエンジニア(CE)

カスタマーエンジニア(CE)は顧客先へのITシステム導入と、その後の安定稼働に必要な保守・点検対応を行うエンジニア。「テクニカルサポート」と呼ばれることもあり、顧客(カスタマー)に最も近い業務なので、技術スキルはもちろん、コミュニケーション能力も必須です。

求人前に知っておきたいITエンジニア採用の基礎知識

ITエンジニアの平均年収目安は?

ITエンジニアの平均年収は、436万円。
(転職サイトDODAが約56万人のビジネスパーソンを対象に行なった調査「平均年収ランキング」の結果を引用)
※参照元『平均年収ランキング最新版(95業種の平均年収/生涯賃金)2021年9月~2022年8月の1年間に、dodaサービスに登録した20~65歳の男女への調査』 https://doda.jp/guide/heikin/gyousyu/

同ランキングによると、全業種の中でIT/通信業種の平均年収は[金融][メーカー][総合商社]に次いで4番目に高いと発表されました。細分化された職種によって年収は異なるため、IT業界で何の職種に就いているかがポイントです。

いわゆるITの専門性だけではなく、ずば抜けた専門性、語学力(英語、中国語)、マネージメントスキル、クライアントの業務知識などのプラス要素があると、給与水準が上がる傾向にあります。

ITエンジニアを採用するにあたって注意すべきポイントは?

保有資格や経歴に目がいきがちですが、その人が自社の募集職種に必要な人材かどうか確認することが大切です。IT業界でどんなに優れた経験があっても、募集職種で活かせなければ宝の持ち腐れなのです。

職種に必要なスキルセットがあることを確認するために、過去の実績や担当業務を丁寧に確認します。客先常駐やシフト制などの勤務形態に問題ないかヒヤリング。周囲との協調性や責任感があるかなど、ヒューマンスキルも重要なチェックポイントです。

現在の希望だけではなく、将来ビジョンをお互い話し合うことで、ミスマッチを防ぐことになるでしょう。

優秀なITエンジニア人材なら外国人採用に注目!

エンジニアの需要増加に対し、今後ともエンジニア不足が予測されています。国内でエンジニアの獲得が激化しているため、優秀な外国人エンジニアの採用がおすすめ。 法務省入国管理局では2012年5月7日より「高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度」をスタートし、IT分野で活躍する外国人エンジニアの採用を日本政府が推奨しています。

【参照元:高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度】参照元URL http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_3/system/index.html

外国人エンジニアを採用することで、海外ベンダーとの問い合わせがスムーズとなり、海外へビジネス進出にもメリット。ワークライフバランスを見直すきっかけとなるケースも多く、社内のグローバル化や英語力向上の機運にもつながります。

一方で、文化の違いやマネージメントの感覚差に悩むこともあるでしょう。それは日本人だけで勤務すると感じない課題を見つけることができるという好機。お互い「認識をすり合わ」せて一緒に解決することでチームが大きく前進し、社内の活性化にもつながります。

「VISA取得の手続き」や「社内環境の整備」は、外国人エンジニアを採用する際の悩み。外国人エンジニア採用を専門に行う人材紹介サービスを活用することで、採用側の負担や不安を軽減できるでしょう。

【当サイト監修・運営】"外国人エンジニア採用専門"Zenkenダイバーシティ事業部とは

「外国人採用ははじめて」の企業様でも、高度グローバルエンジニアが採用できます。

「"真に優秀"な海外IT人材紹介サービス」を提供している、Zenkenダイバーシティ事業部。
世界の中でも極めて優秀と言われる、インドのトップレベル工科大学学内にキャリアセンターを設置し、高度グローバルエンジニアを直接採用できるというスキームを保有しています。
さらに、選考から採用、入社前の語学教育、ビザや住居支援、定着フォローまで、一気通貫でのきめ細かなサポートを提供。はじめて外国人採用に挑戦される企業様でも、安心してお任せいただけます。

CHECK【当サイト監修!】「外国人採用のプロ集団」Zenkenダイバーシティ事業部とは?
CONTENTS#記事一覧
Share
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter
Facebook